HOME > 特集 > アディクシー3トーンで暗くしてみた

特集

< カットの持ちとは  |  一覧へ戻る  |  ようやくの再開 >

アディクシー3トーンで暗くしてみた

 

 

ミルボンカラー ニューラインナップ

アディクシー

 

コンセプトは思いっきりTHROWと被ってます。

 

でも後発なだけあって優秀なところが多いです。

 

 

 

 

・しみない(THROWは結構しみる)

・仕上がりのツヤと手触りは非常に良い(THROWはめっちゃ傷む)

・色持ちも悪くない(悪くないだけで9トーン以上はまだ検証不足です)

 

こうやって書くと、THROWダメじゃんみたいに思うでしょう。

 

 

でもね

 

THROWはとにかく発色がいいのよ。

 

綺麗に発色

 

 

これを完璧に表現してますね。

 

 

なので状況によって使い分けですね。

 

私は使いませんけど。

 

 

 

アディクシーはまさかの3トーンラインナップがめちゃいいです。

 

これで色落ちをほとんど解決

 

 

自分で染めたのもあるので色落ちするまでどのくらいか検証できますが今のところ問題ないですね。パーマをかけたチリチリの私の髪ですが全然大丈夫だし。

 

 

 

引き続きアディクシーを使ってみたいと思います。


動画にて仕上りをどうぞ

文字をタッチしてご覧くださいませ~

 

 

 


< カットの持ちとは  |  一覧へ戻る  |  ようやくの再開 >